工務店の経営において

工務店経営のための資格

工務店の経営に必要な資格

工務店を経営するには資格が必要となる場合があります。建設業法による建設業許可が必要となる場合は、一定年数以上、建設業に関する経営業務の管理責任者としての経験が必要となります。建設業許可の要件は他にもありますが、役員に求められるのは主に管理責任者としての経験です。工務店の中には建設業許可を受ける必要がない場合があります。一件当たり500万円以下の工事のみを請け負う場合や、1,500万円以下の住宅建築一式工事を請け負う場合です。請負金額の少ない下請け業者や、小規模な建築のみを請け負う業者が対象となります。それ以外は、役員に一定の要件が課せられることになります。

工務店に必要な資格とは

工務店のカタログ、ホームページ、名刺には「建築士」「施工管理技師」「インテリアコーディネイター」「インテリアプランナー」「マンションリフォームアドバイザー」など様々な資格の記載があります。お客様がどの店に依頼するのかを決める時の判断材料となるからです。住宅の建築やリフォーム・リノベーションに関わる仕事ですから専門的な知識があるのは当然ですが、それをお客様にわかりやすく証明する必要があります。必ず無くてはならないものではありませんが、工務店として成功するためには資格をとっておいたほうが良いでしょう。

工務店の持つ資格の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 工務店経営のための資格 All rights reserved