工務店で働く事務員

工務店の事務も資格が必要

工務店では業務ごとに資格が必要

工務店は、元来大工や左官などの職人の手配を行なって来た業態なので、本来の業態を形態を継続するならば何の資格も必要ありませんが、住宅の建築を手がけるならば経営業務の管理責任者や専任技術者、事務員を配し建設業許可を取得する必要があります。又、設計も手がけるなら一級及び二級建築士や木造建築士が必要となり、現場の管理も行うならば一級及び二級施工管理技士などの資格が必要となります。工務店として、建築だけで無く分譲住宅の販売も手がけるならば、不動産業としての宅建業免許に加え社員数に応じて宅地建物取引主任者が必要となります。

工務店開業のために必要な資格

工務店を開業するためには、一級建築士免許を持つことが推奨されます。二級建築士免許しかない場合には、ほとんど仕事が無い状態になってしまいます。それほど、一級建築士免許と二級建築士免許の差が大きいと言えます。しかし、一級建築士免許という資格を取得するのはハードルが高いです。ところが、顧客確保のために、最低でも一級建築士免許が必要とされています。一級建築士免許があっても、当然のように仕事が舞い込んでくるわけではありません。自分の夢を追い、将来的に工務店を開業したいのなら一級建築士免許取得が不可欠です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工務店経営のための資格 All rights reserved