工務店の持つ設計資格

工務店は設計の資格も必要

工務店が必要とする設計の資格

工務店は建物を建てる施工が仕事です。設計は必ずしも必要ではなく、必要な時は専門の事務所に依頼すれば事足ります。しかし、顧客の中には工務店に全て頼みたいと考えてる方もいます。そのためにも設計の資格は必要です。資格には一級建築士と二級建築士があります。住宅の建築で役に立つのが二級建築士です。工業高校等を卒業し、一定の実務経験を経れば受験できます。試験は学科の他、製図の実技試験も課せられます。平面図や立面図のような基本図だけでなく、矩計図や床伏せ図のような実務で必要となる図面も作成しなければならず、実務でも役に立ちます。

工務店における資格について

工務店は木造住宅など建築設計事務所の工事を請け負う程度であれば別に資格は必要としません。しかし公共建築物である劇場や病院、学校、集会場の場合延面積が500平米未満のもの、木造建築物で高さ13メートル、あるいは軒高が9メートルを超えないもの、RC造やS造、その他で延面積が30平米から300平米、高さ13メートル、軒高9メートル以内のもの、延面積が100平米を超え、又は階数が3以上の建築物は2級建築士がその設計や工事監理を行うことが可能です。木造建築士は延面積が300平米以内で且つ階数が2階以下の場合に設計や工事監理を行うことができます。工務店では2級建築士が行える範囲以上の規模の建物は1級建築士の資格者を置く必要があります。又、土地の売買や仲介などでは宅地建物取引業の免許が必要となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工務店経営のための資格 All rights reserved