工務店を見るポイント

工務店は建築士資格が必須

工務店の技術力を示す建築士資格

工務店は建物を建てる技術者の集まりです。建物を建てるための技術の種類は多く、それぞれの専門分野に分かれます。多くの専門的な技術者を、建物を建てる目的のためにまとめていくのが建築士です。設計や監理を行うだけではなく、まとめ役としての役割を担っています。工務店では建築士の他に、建築施工管理技士の取得も奨励しています。工事の管理に特化していますが、現場では役に立ちます。技術者の持っている能力を対外的に示すのが資格の役割です。現場では大勢の職人をまとめ上げる能力が欠かせません。そのためにも資格の取得は効果的です。

沢山の資格保有者がいる工務店

工務店に仕事を依頼するにあたって、新規で依頼する場合に基準になるのは口コミや資格保有者がいるかいないかなどになります。仕事を依頼する場合、最初に依頼した工事は小さなものでも、後に大きな仕事がある場合に対処できないとまた他の業者を探さなければいけなくなる事があります。最初に工務店を探す際に会社の規模や、有資格者の人数などを確認しておくことである程度の工事が出来るかどうかはわかります。その際、実際に新築工事したりリフォーム物件を見てみるのもその会社の仕事の規模や丁寧さ、得意分野なども把握することが出来るはずです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工務店経営のための資格 All rights reserved